さよならあかるい尾骶骨

増田美佳が主宰するジャンル横断的流動ユニットmimaculによる演劇公演

mimaculは、ダンサー・文筆家の増田美佳が2018年から開始したユニット。パフォーミングアーツのみならず、映像や俳句、ゲストを招いたレクチャーなど多岐にわたる活動を展開している。ダンス、文学、美術の垣根を軽々と越え捌く様は、増田ならではの動的な運動のように私には思える。彼女と京都芸術センターが共同主催した「mimacul 文体を歩く半年間のワークショップ」のメンバーのひとりとしてワークや創作を共にした。本作はその翌年の2019年に行われたものだ。

戯曲は気鋭の劇作家小高知子、出演は堀井和也(さんかく)、立蔵葉子(青年団)、古川、増田。また会場の提供と宣伝写真は山羊昇。いずれも先のワークショップのメンバーである。演出家はいない。戯曲に根ざすことを主軸としつつ、各人のアイデアを取り入れながら稽古が進められた。こうした自ずと出来上がるオーガナイズとは良いものだなと思ったし、今思うと、ある種の演出だったのかもしれない。


photo : Yuta Odashima

あらかじめ体をたずさえた私たちのどうしようもなさ

四畳半に男と女がいる

ひとりの男にまつわる3人の女たち

愛人、妻、母が立ち替わりあらわれ、四畳半は旅館、夫婦の寝間、母親の寝室と変化する。

あらゆるものが失われてゆく過程でもある生と性のいとなみ。あらかじめ体を携えた私たちのどうしようもなさ。不完全さを伴いながら愛の所在に触れようとする肌合いを、精緻な会話劇から描く。

上演:2019年10月4日-6日 / Space bubu(京都)

作:小高知子

出演:堀井和也、立蔵葉子、古川友紀、増田美佳

宣伝美術:嵯峨実果子

宣伝写真:山羊昇


WordPress.com でサイトを作成