エッセイ「川に沿って歩く」

「加茂川遡上歩き」の私的観察から、歩きつづけるなかで生じる身体感覚の変化、思考の巡り、記憶、そして歩行という持続的な運動に流れる時間のゆらぎについて書き留めた。

〈ダンスをめぐる12の文章〉*寄稿
*ダンサー・コレオグラファーでありダンス研究者の児玉北斗さんが主宰するダンスをめぐるテキストのプラットホーム

エッセイ「川に沿って歩く」

WordPress.com でサイトを作成